システム利用規約

第1条(利用規約の目的)
この利用規約は、株式会社エレクアライズ(以下「甲」という)の提供するシステムサービス(以下、「本サービス」という)の使用に関し、甲と利用者(以下「乙」という)との間の契約関係と乙の利用を目的とする契約(以下「利用契約」という)の内容等について定めるものである。

第2条(サービスのご利用開始)
ここにおいて定めるサービスは、「株式会社エレクアライズASP利用約款」において定めるところにより利用契約が成立した時からご利用いただけます。

第3条(サービスの定義)
「システム」は、乙が保持する情報を、本サービスを介して不特定多数の第三者に開示するものを指します。

第4条(基本サービス)
1.本サービスは次の各号に掲げるサービスの全部または一部を乙に提供いたします。
(1)本サービスで指定する方法でのデータ保存・変更に関する機能。
(2)本サービスで指定する形式でのデータ保存・変更に関する機能。
(3)著作物の保存、変更のそれぞれに関する機能。
(4)本サービスで指定する方法でのデータのアップロード。
(5)その他、本サービスに関し当社が定める事項の設定・閲覧等。
2.甲は、乙への事前の通知なくして、本条に基づく基本サービスを変更することがあり、乙はこれを了承します。
3.甲は、その提供するサービスが適正に運営されるため、乙の保存・編集・削除・送信等したデータ・著作物を閲覧する場合があり、乙はこれを了承します。

第5条(手続きの遵守)
乙は本サービスを利用する際は、事前に当社により定められた所定の手続きを経るものとします。

第6条(禁止事項)
1.乙は以下の各号に該当する行為をしてはいけません。
(1)本サービスを利用して別の類似サービスを提供すること。
(2)乙に限り認められた権利のレンタル・リースを行うこと。
2.乙が前項に記載する禁止行為をした場合には、甲は乙に対して警告をしたり、その提供するサイトに乙の禁止行為を公開する場合があり、乙はこれを了承します。

第7条(データの削除等)
1. 甲は、次の各号の何れかに該当すると当社が判断する場合、本サービスに関連するサーバに保存、登録されているデータの全部または一部を当該サーバから削除或いは消去することができるものとし、乙はこれを了承します。
2. 乙が「株式会社エレクアライズASP利用約款」ならびに本利用規約に違反した場合。
3. 甲または第三者の権利、財産、プライバシー等を保護する必要がある場合。
4. 乙と第三者との紛争、または第三者から甲に対する苦情、問い合わせ等が為されたことにより甲が迷惑または損害を被る、或いはその恐れがある場合。
5. 甲と乙の利用契約が終了(その終了原因の如何を問わない)した場合。

第8条(免責)
1. 甲は、乙が本サービスに関連するサーバに保存、登録している情報についての変更の判断は乙に委ねるものとし、甲は一切責任を負わないものとします。
2. 本サービスに関連して、乙が第三者に損害を与えた場合、または乙と第三者間で紛争が生じた場合、甲は利用規約にて明示的に定める以外に、乙及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。
3. 甲は、次のいずれかが発生した場合でも、乙及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。
(1)本サービスの変更、中断、中止もしくは廃止。
(2)その他本サービスに関連して乙及び第三者に発生した一切の損害。
4. 甲は、乙又は第三者からの苦情、問合わせ等に対応し、或いは、かかる苦情、問合わせ等をお客様が指定する者に取り次ぐ等、乙及び第三者に対して直接対応する義務を負わないものとします。

第9条(乙に対する通知)
1. 本利用規約に関連してなされる乙に対する通知はすべて、当社が提供するホームページに掲載する方法によるものとします。
2. 甲は前項に定める通知方法によってすべての業務連絡・意思表示をするものとします。


【2014年11月1日制定】

ASP利用約款

第1条(総則)
本契約は、株式会社エレクアライズASP(Application Service Provider)システム(以下「ASPシステム」という)の利用に関し、株式会社エレクアライズ(以下「甲」という)とASP利用者 (以下「乙」という)との間の契約関係(以下「本契約」という)を定めるものである。

第2条(ASPシステム利用の申込)
1.乙は「ASPシステム」の利用を希望する場合、甲所定の方法により申込を行わなければならない。
2.乙は申し込みの際、乙が利用する「ASPシステム」の本規約を遵守しなければならない。
3.甲は乙の申込を承諾した場合、乙に対し「ASPシステム」を、乙が本契約に従って利用することを許諾する。

第3条(権利の譲渡等)
乙は、「ASPシステム」を利用する権利その他本契約に基づく一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできない。

第4条(業務委託)
1.甲および乙は、自らの責任において業務の全部または一部を第三者に委託することができる。
2.前項の場合、甲および乙は当該第三者に対し、顧客情報の管理を徹底するとともに本契約等を遵守させるものとし、当該第三者によるいかなる行為に対しても責任を負うものとする。

第5条(システム利用期間)
本契約のシステム利用期間は、システム利用料支払日からシステム利用料に応じた利用(契約)期間とする。

第6条(システム利用料)
1.乙は、甲に対し、システム利用料およびオプション利用料(以下「システム利用料」)として、甲所定の方法により金額を支払う。
2.乙は、甲所定の支払方法に利用規約や契約等ある場合はそれに従うものとする。
3.乙は、システムを利用する際、使用期間分の料金を前払いするものとする。
4.前項の送金に要する費用は、乙の負担とする。
5.第12条、第14条に基づき本契約が終了した場合、システム利用料等の返還、損害の補償等を甲に請求しないこととする。

第7条(禁止事項)
乙は、以下の行為を行ってはならない。
(1)甲と同種または類似の業務を行う行為。ただし、あらかじめ甲の書面による承諾を得た場合は、この限りではない。
(2)甲のサービス業務の運営・維持を妨げる行為
(3)「ASPシステム」に関し利用しうる情報を改ざんする行為
(4)有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込む行為
(5)サーバその他甲のコンピュータに不正にアクセスする行為
(6)甲に不利益を及ぼす行為

第8条(パスワードの管理等)
乙は、ログインにおけるパスワードについて、第三者に知られないよう管理し、パスワードの盗用を防止する処置を乙の責任において行う。

第9条(サービスの一時停止)
乙は、第2条第2項記載の甲が提供するサービス(以下「サービス」という)について、以下の事由により一定期間停止されることをあらかじめ承諾し、サービス停止による基本システム利用料等の返還、損害の補償等を甲に請求しないこととする。甲は、サービスの停止を乙に事前に通知することができない場合、通知が可能になり次第速やかに乙に通知するものとする。
(1)天災地変その他、火災、停電、戦争、動乱、暴動、騒乱等の非常事態が発生した場合
(2)甲のサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、補修、改良等のための停止
(3)コンピュータ、通信回線等の事故、障害による停止
(4)甲、顧客、他のシステム利用者、その他の第三者の利益を保護するため、その他甲がやむを得ないと判断した場合における停止

第10条(システム利用停止)
1.甲は、乙が以下のいずれかの事由に該当する場合には、乙のシステム利用の停止、乙が表示したコンテンツの削除、システム利用停止理由の公表、その他の必要な措置を取ることができる。この場合、乙は速やかに甲の指示に従い、改善措置をとらなくてはならない。なお、本条の定めは第14条に定める甲による本契約の解除を妨げない。
(1)第14条第1項に定める事由が生じたとき
(2)その他甲が消費者保護の観点などからシステム利用停止等の措置が必要と判断したとき
2.前項に基づき乙がシステム利用停止等の措置を受けている場合であっても、乙は、第6条に基づくシステム利用料の支払義務を負うものとする。

第11条(免責)
1.甲は、乙がシステム利用に関して被った損害(コンピュータシステムまたはソフトウェアの障害・不具合・誤動作、データの消失、システム利用停止、顧客との取引等によるものを含むが、それらに限られず、またその原因のいかんを問わない)について、甲の故意または重大な過失に基づかない限り賠償する責を負わない。
2.甲は、「ASPシステム」について甲の判断によりその仕様等の変更もしくは追加またはサービスの廃止を行うことができる。
3.甲は、サーバに障害が発生した等の理由により、「ASPシステム」における乙の店舗運営に支障が生じると甲が判断した場合には、混乱防止のために必要となる措置を取ることができる。

第12条(乙による解約)
1.乙は、甲に対し解約日までのシステム利用料を支払った上で甲所定の書面を提出することにより、本契約を解約することができる。
2.システム利用料に応じた契約期間が経過し終了した場合、自動的に本契約を解約することができる。

第13条(システム利用プラン・システム利用形態の変更)
1.乙は、契約期間中においても、甲所定の方法により申込を行い甲が承諾した場合には、甲所定の追加システム利用料を支払うことにより、システム利用プランを追加、変更することができる。

第14条(甲による解除・解約)
1.甲は、乙が以下のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしに本契約を解除するとともに、直ちに乙のシステム利用ページを「ASPシステム」およびサーバから削除することができる。
(1)本契約等に違反したとき
(2)手形または小切手の不渡りが発生したとき
(3)差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
(4)破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき
(5)前3号の他、乙の信用状態に重大な変化が生じたとき
(6)解散または営業停止状態となったとき
(7)甲による連絡が取れなくなったとき
(8)本項各号のいずれかに準ずる事由があると甲が判断した場合
(9)その他甲が乙とのシステム利用契約の継続が困難であると判断した場合
2.甲は、事由のいかんを問わず、1ヶ月前までに書面で相手方に通知することにより本契約を解約することができる。
3.前2項により本契約が終了した場合、乙は、契約終了日までのシステム利用料等の未払分を直ちに甲に支払うものとし、未請求分についても甲からの請求があり次第、直ちに支払うものとする。
4.第1項、第2項により本契約が終了した場合でも、甲は、乙に対し、設備投資、費用負担、逸失利益その他乙に生じた損害につき一切責任を負わない。

第15条(甲より乙に対する通知)
1. ASPシステムを利用する乙に対する通知は、甲が提供するホームページに掲載する方法によるものとする。
2. 甲は前項に定める通知方法によって全ての業務連絡・意思表示をするものとする。

第16条(準拠法、合意管轄)
本契約は日本法に基づき解釈されるものとし、甲と乙との間で訴訟の必要を生じた場合は、立川簡易裁判所又は東京地方・家庭裁判所(立川支部も含む)を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

第17条(契約の変更)
1.甲は、契約の変更を必要と認めたときに、乙と協議のうえ、本契約および本契約に付随する契約の内容を変更することができる。
2.本契約の変更について、乙が7日以内に異議を申し出ることなくシステム利用を継続した場合には、乙は新しい契約を承諾したものとみなし、変更後の契約を適用する。

第18条(協議)
本契約に定めのない事項、または本契約の各条項の解釈に疑義が生じた場合は、その都度甲、乙誠意をもって協議する。

第19条(定 義)
本契約において「情報」とは次のものを言う。
(1)甲または乙が開発した本検討に関する物件(文書、図面、写真及び磁気媒体等を含む)
(2)甲及び乙が相手側から入手した本検討に関する物件(文書、図面、写真及び磁気媒体等を含む)
(3)甲及び乙が知り得た相手方の有形無形の一切の技術的営業的知識

第20条(情報の開示)
1.甲及び乙は、本検討の履行のために必要と判断する第21条に記載の情報を相手側に開示するものとする。
2.甲及び乙は前項により開示された情報のうち、第23条第1項の(1)から(5)の各号に該当する情報を除き、次のものは秘密を保持し、第三者に漏洩してはならない。
(1)書面で開示する場合、書面に機密の旨を表示したもの。
(2)口頭で開示する場合、開示の際に又は開示後に秘密である旨を告げ、開示後14日以内に文書で確認したもの。なお、相手方は当該開示に基づいて作成した議事録等の文面に相手側の秘密表示を行うものとする。
(3)甲または乙が相手方に預託した個人情報保護法に規定する個人情報または個人データ。

第21条(情報の管理)
1.甲及び乙は、法令または裁判所その他の公的機関もしくはこれに準じる機関の要請により開示が要求される場合を除き、第20条により知り得た情報の秘密保持を遵守する義務を負い、管理責任者は、役員、使用者および外部の法律または会計顧問にこのことを周知徹底させることとする。この義務は本件データ返還後も継続するものとする。
2.甲及び乙は、すべての情報を厳重に保管し、相互に相手方の文書による承認ある場合の他は、これを複写、複製もしくは翻訳その他秘密を漏洩する疑をもたれる行為をしてはならない。
3.甲及び乙は、第20条により入手した情報の記憶媒体を入退管理が適切に実施されている物理的に保護された施設に厳重に保管しなければならない。

第22条(情報の利用、返却及び廃棄)
1.甲及び乙は、第20条により知り得た情報を事前に相互に相手方の文書による承認を得ることなく、本検討の履行以外に使用してはならない。
2.甲及び乙は、相互に相手方より貸与された物件について本検討終了後、相手側の要求に基づきすみやかに返却するものとする。
3.甲及び乙は、第20条により知り得た情報につき相手方より廃棄を要求された場合は、相手方の指定する方法に従って廃棄し、廃棄事実を証明する書面を相手方に提出しなければならない。

第23条(秘密の保持)
甲及び乙は第20条記載の情報の秘密を保持し、第三者に漏洩してはならない。但し、以下各号に該当する情報についてはこの限りではない。
(1)情報の開示の後に開示を受けた当事者の責によらず公知となった情報
(2)情報開示の際、既に公知の情報
(3)情報開示の際、自ら保有していたことを書面により証明できる情報
(4)正当な権限を有する第三者より機密保持義務を負わずして開示された情報
(5)相手側から開示された情報等によることなく、独自に開発または知得したことを証明できる情報

第24条(知的所有権)
1.本サービスに関する著作権及び著作者人格権は、すでに甲以外に著作権があるシステム及びオープンソースプログラム等を除き、甲に存する。
2.甲は、乙に対して本サービスの使用権および利用規約上の地位のみを許諾するものとし、本サービスおよびその一切の派生物にかかる著作権、特許権その他の知的財産権ならびに所有権その他いかなる権利も付与せず、乙はこれらの権利を第三者に譲渡できないものとする。

第25条(損害賠償)
乙は本サービスの利用によって甲に損害を与えた場合、誠実に相当因果関係の範囲にある損害賠償義務を果たすものとし、その具体的内容は甲乙の協議によって決定するものとする。

第26条(有効期間)
1.本契約の有効期間は本契約締結の日から1年間とする。ただし、期間満了の1ヶ月前までに甲または乙から何ら申し出がないときは、本契約と同一条件で1年間継続するものとし、その後はこの例によるものとする。
2.前項有効期間終了後においても、第23条柱書各号に該当する場合を除き第20条2項、第21条、第22条第1項及び第25条の義務は存続するものとする。


【2014年11月1日制定】

初めて起動する方はコチラをご覧下さい

スマホニモ。を初めて起動する際に、Windowsのセキュリティ警告等が表示されますので、以下手順に従って起動を行ってください。

STEP1

windowsセキュリティ警告1

「アプリケーションの実行 - セキュリティの警告」ダイアログが表示されますので、「実行」をクリックして下さい。

STEP2

windowsセキュリティ警告2

「WindowsによってPCが保護されました」とWindows SmartScreenの警告が表示されるので、「詳細情報」をクリックして下さい。

STEP3

windowsセキュリティ警告3

「実行」をクリックして下さい。

STEP4

windowsセキュリティ警告4

「スマホニモ。へようこそ」ダイアログが表示されれば、成功です。
楽天版の場合は、楽天ストアIDと楽天GOLDパスワードを入力して「起動」ボタンをクリックして下さい。
Yahoo!版の場合は、店舗ID、FTP用Yahoo!IDとFTP用パスワードを入力して「起動」ボタンをクリックして下さい。

スマホニモ。を初めて起動する際に、Windowsのセキュリティ警告等が表示されますので、以下手順に従って起動を行ってください。

STEP1

windowsセキュリティ警告1

「アプリケーションの実行 - セキュリティの警告」ダイアログが表示されますので、「実行」をクリックして下さい。

STEP2

windowsセキュリティ警告4

「スマホニモ。へようこそ」ダイアログが表示されれば、成功です。
楽天版の場合は、楽天ストアIDと楽天GOLDパスワードを入力して「起動」ボタンをクリックして下さい。
Yahoo!版の場合は、店舗ID、FTP用Yahoo!IDとFTP用パスワードを入力して「起動」ボタンをクリックして下さい。

「スマホニモ。を起動する」ボタンをクリックして「システムの更新が必要」ダイアログが表示された場合は「正常に起動しない場合はこちら」ボタンをクリックし、下記手順に従って必要なシステムの更新を行って下さい。

STEP1

システムの更新

「OK」をクリックして「システムの更新が必要」ダイアログを閉じ、「正常に起動しない場合はこちら」ボタンをクリックして下さい。

STEP2

システムの更新

更新用ファイル実行の確認バーが表示されるので、「実行」をクリックします。

STEP3

システムの更新

SmartScreenフィルターの確認バーが表示されるので、「操作」をクリックします。

STEP4

システムの更新

SmartScreenフィルターの確認ダイアログが表示されるので「実行」をクリックします。

STEP5

システムの更新

SumahoNimoセットアップダイアログが表示されるので、「同意する」をクリックします。

STEP6

システムの更新

必要コンポーネントのインストールが始まります。途中2回ほどユーザーアカウント制御の確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

STEP7

システムの更新

インストール終了後、「アプリケーションの実行 - セキュリティの警告」ダイアログが表示されますので、「実行」をクリックして下さい。

STEP8

windowsセキュリティ警告4

「スマホニモ。へようこそ」ダイアログが表示されれば、成功です。楽天ストアIDと楽天GOLDパスワードを入力して「起動」ボタンをクリックして下さい。

ウイルス対策ソフトをインストールされている方はコチラをご覧下さい

ウイルス対策ソフトがインストールされているパソコンでスマホニモ。を起動する際に、ウイルス対策ソフトによって起動が「ブロック」される場合がありますので、「ブロック」を解除した上で実行を行って下さい。

ウイルスバスタークラウドの場合

ウイルスバスタークラウド

「スマホニモ。」起動時に「不審なファイルのブロック」が表示されましたら、「ファイルを開く」をクリックして下さい。

スマホニモ。はパソコンにインストールされるタイプのソフトではございませんので、デスクトップやスタートメニューに起動用のアイコン等が追加されません。
次回以降のご利用時も上のボタンから起動する必要があるので、
本ページをブックマークしておくことをオススメ致します。

ブックマークに登録する